未分類

減塩味噌汁を美味しく作る3つのコツ

味気ない減塩味噌汁を美味しく作るに3つのコツがあります。

1、出汁をしっかり効かせる

2、減塩味噌の中でも質の良い味噌を使う

3、具をたくさん入れる

この3つが減塩味噌汁を美味しく作るコツになります。

 

減塩味噌汁には減塩味噌の中でも質の良い味噌を使え!

減塩味噌汁はどうしても塩気が薄いので、物足りなさを感じます。

通常の味噌の塩分から20%減塩のみそがスーパーで売っている減塩味噌の定番ですが、1日6gの塩分制限をしている身としては20%の減塩では意味が無いので50%の減塩味噌を利用しています。

普段飲んでいる味噌汁は汁まで全部飲むと食塩換算すると味噌汁1杯あたり1gの塩分量があります。

単純に50%減塩の味噌を使えば0.5gに塩分量を減らすことができますので、高血圧の方は今すぐ減塩味噌に変更することをおすすめします。

減塩味噌は普通の味噌を選ぶ時よりも味噌の質を吟味して選ぶことをおすすめします。

質の良い味噌は大豆本来のうまみを感じることができるので、減塩でも満足することができます。

我が家ではこの減塩味噌を使っていました・・・

この減塩味噌を使っていましたと過去形なのは、正直味噌汁に一日6gの貴重な塩分を使いたくありません。

でも野菜も食べやすいので汁は飲まないけど味噌汁は食べたい。

 

いろいろ調べていたらすごいものを発見したんです。

なんと無塩味噌!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

貴重な1日の塩分量をどこで使うか、私は味噌汁では消費したくないので普通の味噌より高いですが無塩味噌を使い続けます。

減塩味噌汁は出汁をしっかり効かせろ!

減塩味噌汁を満足いく味にするには出汁をしっかりととるという事が美味しくするコツです。

ここで注意点ですが、よく使われる粉末の出汁ですが食塩や砂糖が添加されていることが多く、せっかく減塩生活の足を引っ張る場合があります。

我が家では紅茶のティーパックのような袋に鰹節などが入っているタイプのだしパックを利用しています。

鰹だしはこれを使っています。

減塩味噌汁には具をたくさん入れろ!

無塩味噌&無塩だし、この2つを使えばあとは好きな野菜を入れればばっちりです。

健康的な食事の基本はまずは野菜を食べてから肉や魚を食べることを、病院での栄養指導で管理栄養士に指導されました。

とくにキノコを食べることをすすめられたので、えのきやまいたけをがっつり入れた味噌汁がおすすめです。

最近、内臓脂肪を減らすと流行りの干しえのきダイエットを軽く意識して無塩味噌&天然だしパックに干しえのきをガッツリいれた味噌汁を食べています。

豚汁的な感じで豚肉を少し入れると味噌汁にコクが出ておいしくできるので試してみてくださいm(__)m

減塩味噌汁を美味しく作る3つのコツのまとめ

毎日の味噌汁は野菜を食べるためで、塩分を楽しむものではないと頭に叩き込み、塩分は捨てましょう。

最近は、松屋や定食屋の味噌汁は飲まなくなりました。

命がかかると人間多少の我慢ができるようです。

でもなかなか意志が続かないのでこんな本を読むことにしました。

アマゾンで注文済みです(; ・`д・´)